「あれ、もしかしたら朝食が長年の不調の原因?」朝食を思い切ってやめてみたら色々と調子が良くなった人が挙げる効果のベスト3を挙げてみます。

1.通勤通学途中にお腹が痛くなることがなくなった

通勤通学時の腹痛はとてもつらいもの。実は朝食をやめたところこれから解放されたという人はとても多いのです。また、身体に良いからと朝食に冷たい牛乳を飲んでいた人がこれをやめて驚くほど良くなったということもよく聞きます。

2.朝一番から頭がフル回転するようになった

食べ物の消化吸収にはかなりのエネルギーが必要なため、満腹時には眠くなりがちです。朝食を食べないと頭が働かないと言われていますが、逆に朝食をしっかり食べることで朝一番の頭の回転が鈍くなる人もいるのです。こういう人の場合、朝食こそが午前中のぼんやりの原因となってしまっていたのです。

3.食べなくなってから痩せた

朝食に菓子パンなどを摂る習慣だった人が朝食をやめたところスッキリと痩せることはある意味当然かもしれません。しかし健康的な朝食であっても身体のリズムそのものが朝食に適していない人の場合、朝食をやめることで身体が健康な代謝を取り戻し、ダイエットの効果もあるようです。

朝食を抜くというのはちょっと勇気がいることですが、このように抜くことで健康になる人は実はかなり多いのです。あなたの不調も、もしかして無理な朝食が原因なのかもしれません。