朝食を食べる習慣がなかった人が、きちんと朝食を食べる生活を送ることで「やっぱり朝食は大切なのだな」と、しみじみ実感するものです。ここではそのような体調の変化ベスト3を挙げていきます。

1.午前中からシャキシャキ動ける

食事はエネルギーを補給する場なので、朝食を抜くということは午前中に活動するパワーを得づらくなってしまうということです。午前中はぼんやりしてしまうことが多かった人が朝食を摂るようになったところ、頭も身体も驚くほど午前中から動くようになったと驚くようです。

2.便秘が解消された

これも朝食を摂るようになった人の多くが実感することです。朝食によって腸の働きが朝から活発になることによる効果は絶大、長年の悩みがウソのように解消されたという人が多数です。

3.身体の代謝が上がった

朝食を摂ることで朝から身体の代謝システムがしっかり働くようになった結果として

「常に身体がぽかぽかしている」ということと「身体が軽くなったように感じる」ということを感じる人が多数です。また、その結果として朝食を食べる習慣がダイエットにもつながる人は多いのです。

あわただしい中ではおろそかになりがちな朝食、でもきちんと摂るようにすれば解決される身体の不調もあることをお忘れなく。