朝食は一日の活力の源です。では、ベストな朝食として多く挙げられるものにはどのようなものがあるでしょうか。まずはホテルのモーニングビュッフェ。ホテルのモーニングビュッフェは和洋取りそろえて様々な朝食向け料理が提供されるため、多くの人が理想の朝食としています。夕食や昼食のビュッフェよりも定番メニューが多いため、「全メニュー制覇」などのプレッシャーも少なく、純粋にそのときの気分で好きな物を好きなだけ頂けるのも人気の理由のようです。

また、和食系だと「白いごはん」以上に人気なのが「握りたてのおにぎり」です。おにぎりというとお弁当のイメージがありますが、握りたてのおにぎりの美味しさは格別。しかもささっと食べられるのが好まれる理由となっています。

洋食系でも人気なのは「焼きたて」クロワッサンやフランスパンの焼きたてを朝食にすることを理想に挙げる人は多いものですが、それが無理でも焼きたてのトーストと熱々のオムレツの組み合わせがあれば大満足!という人も多いようです。

他に人気なのが「おかゆ」。これは特に京都の料亭のような、細かく刻んだ漬け物や佃煮が種類も量もタップリついているものが理想の形といわれています。

このように見ていくと、理想の朝食とはメニューによらず「一手間かかった作りたてのもの」であることが分かります。その一手間こそが一日の活力の源なのですね。